さいとうやすしのさいと

気づきのまとめや打ち合わせ中の雑談の様な好きなことを書いているサイト

私がブログをやらなきゃと思った理由

      2015/02/25

なぜブログを書くのか?

今回課題をきっかけに、改めて考えてみました。

はじめに、自分の仕事は、
デザイン事務所で相談相手になって、販促物という形にすること。

具体的には、文章内容を考えるコピーライター
又は全体像を考えるディレクターという役割です。
saras

まず、ここから伝わってないですよね。
これまでちゃんと言ってこなかったので、当然です。

では、販売促進を考えている方(相談相手)は、
なにを目安に、話しを聞いて欲しいってなるんでしょうか?

お仕事は、大概はご紹介いただいたりして、始まるのですが、
それは、ある程度僕の事が分かっていらっしゃる方経由
だから出来ることですよね。

「ああ、それだったらあの人に相談してみたらいいよ」
という、言葉と共にボクのところへ来る。

ご紹介の以外の方には、

普段から、ブログで、
自分はこういう考え方で、こういうスタンスですよ
と伝えることによって、

なんか話してみたいかも?
って思ってもらわないといけないわけです。

仕事関係者(潜在顧客?)への目安になるのではないか?と仮定しました。
だから、ブログを書いたほうがいいに決まってるよね。

 
チャンチャン

…と、これで終わらせたら、単なる個人の感想ですね。

 

調べてみました

ブログ(blog)は、狭義にはウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった byウィキペディア

ウェブの情報をピックアップしてとっておくため。元々は自分用の備忘録からスタートしたものということらしい。無理やり今風に解釈して、Facebook的に言えば、リンクとかシェアのためのツールだったといえばいいかな。

ボクも昔やってました。備忘録というか、飲んで喋った後のネタ出典元メール。さっき言った情報はココにのってますよ。って。あんなめんどくさいことよくやってたな。デートの後とかにポストペットで送ってたなあ。(遠い目)…カメを使ってました。

pet-all

Facebookはホント楽ですよね。リンクを送るのも直接メッセージのやりとりだし、双方向性、即時性があります。ないのは、あ!相手のペットがきた!というロマンくらいか。

 

考察:なぜ書かなくなったのか?

個人的には、昔はホームページをやっていました、趣味の写真をアップしていたり、
Macintosh(Apple製のパソコン)の使い方などを書いていました。(そういえばプロバイダの担当者にMac用無線LAN設定の話をしたこともありました。それだけ情報が少なかったといえますね。)
hpbl
あとは、他愛のない日記を書いたり。日常の事を友達に向けて書いていました。中には、生活や仕事の中で自分は納得行かない、何故か?という事を掘り下げていった記事も。書くとぐったり、だけどスッキリ。
しかも当事者が見てるかと思って、抽象的に書いてしまって、ぜんぜん違う人が変に勘ぐって、意図せず傷つけてしまったり。

今だったらこんなグチなんか書き綴ってても、いいことなんかないよとわかるんだけどなあ…全く恥ずかしい限りです。

 

他愛ない日記にしても、生活や関わる地域や人々が変化すると書けなくなったり、億劫になったり、そんな自分の中の問題ですが、今思うとそうやってずいぶん不義理をしてきましたね。

仕事なら、とってもいいお話しが聞けました!って本当は打ち合わせの当日に、興奮して書きたくなるような事があっても、まだまだ世の中に出る前の内容だったりして、もちろん書けずじまい。寝かして…いるうちに、熱が冷めてしまったり。忘れてしまったり。
こうやって企画段階から関われる事こそが、仕事の醍醐味だったりするわけですが、裏方気質というか、うまく表現出来ないって、書けない言い訳にしてそのままでいました。

 

話を戻します

ちゃんと一緒に考えてほしいなあ…なるべく丸投げの仕事は受けたくないですよ。当事者意識を持って取り組みます。
いっぱい話さないと、良い意見が思い浮かばないんで、お話しをたくさん聞かせてくださいね。ちょっとスピードが遅くなるかもしれませんが、じっくりお願いします。

というのが、自分の仕事に対するスタンスでしょうか。

 

今まで伝えられていなかったのだから、
これから書き続けていくにあたって、宣言します。

しっかり読み手の誰かに対して書くこと。
例えば、あるニュースを取り上げるんだとしても、
自分なりの解釈を入れること。

このことで、自分の伝えたいことが少しでも伝わりやすくなって、
面白そうなヤツだと思ってもらえるといいな。

インプット偏重だったのを、アウトプットも必ず頑張ります。

 - 思考 , ,

AD

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

neru
固まった時は

つい数年前まであったのが、 Macが固まって仕事ができなくなるケース。 とりあえ …

sai00
治療家向けのセミナーに参加してきました

主催は月刊『温故知新』 整骨院、鍼灸院、整体院とその治療家をめざす人向けのフリー …

Manekineko1003
人を招くことがその先につながるはず

うちの猫を見ていて招き猫のことを考えました。 招き猫(まねきねこ)は、前足で人を …

f1301
○○リテラシーとは○○との付き合い方(マナー)

「○○リテラシー」という言葉は、いわゆる和製英語(カタカナ語)ですが、最近よく使 …

kono
「話をすると楽になるね」と言われたい(読書)

コミュニケーション(英: communication、交流)とは、 ・社会生活を …

mogami
たまには居酒屋でリアルの付き合いをしながらソーシャル考

先日飲みに行きました。お相手はかれこれ5年の付き合いのA氏、現在の江戸川区に引っ …

kgo
覚悟を決める

先日打ち合わせをした方から 「もしやっさんが覚悟をきめて求めた案件なら応援するよ …

H2
自己紹介を書いていて思ったこと

「結果を出して、応援してくれた人たちを喜ばせたい。 小さいころからやってきたこと …

UItop
「確定申告」ユーザインターフェースが良くないな

ユーザインタフェース (user interface) は、機械、特にコンピュー …

5019kikumono
相談とは、話をきいて好きになること

興味を持って相手のことを調べ始める、それがすべての始まりです。 そこから相手にア …